20㎏痩せた方法②

食事で気を付けたこと

 昨日は、「うまく痩せられない」という思い込みを「簡単に痩せられる」「私にも痩せられる」という思い込みに変えていったということを書きました。

 思い込みで本当に痩せられるのか?

 そんなに簡単じゃないだろう。

 と、いうことは私も最初考えました。

 けれどやっぱり思考は大事だなと思い、思い込みを自分の都合のいいものに変えていったのでした。

 ここからは、食事と運動に気を付けて痩せていったのですが、今日は食事について書いてみようと思います。

 まず、えごま油を毎日小さじ一杯飲むようにしました。

 これは、NHKの番組で、痩せる油として放送していたのを見て、放送翌日にスーパーに行って買ってきて飲み始め、ほぼ毎日の習慣として続けています。

 これだけのおかげかわかりませんが、ある日体重を量ったら、二キロ減っていたのです。

 何もしていない(たぶん)のに。

 それで、えごま油は効くんだな!と思ったのと、えごま油を飲むのに加え、更にダイエットをすればもっと痩せるんじゃないだろうか、と思ったのでした。

 これが、ダイエットをなんとなく始めた経緯でした。

 ですので、二キロの謎の減量がなければ、ダイエットもしていなかったかもしれません。

 なんとなく、ほんとうになんとなく始めたのですが、その気合のなさが自分には良かったかもしれません。

 挫折せず、今もダイエットが続いています。

 痩せるとなったら、食事と運動に気を付ける、ですが、あんまり食事については気を付けたことってないように思います。

 三食食べて、量もあまり変わらず。

 野菜から食べ始めるベジファーストを守ったことと、おやつをあまり食べなくなったことくらいが、食事で変わったことでした。

 私はストレスがたまると、ポテトチップス一袋とか食べてしまっていたので、そりゃ太るっていう感じですが、そういうことを一切やめました。

 ポテチも食べるときは5枚とか、それくらいです。

 正直、甘いものが食べたいときがあったり、ジャンクフードが食べたいときもあるのですが、我慢しています。

 食事に気を使わない分(おやつが少なくなったのは、結構痛かったですが)運動をしよう、というのが私の作戦でした。

 実際は、食事を減らした方がどんどん痩せていくかと思います。

 けれど、リバウンドが怖いなあと、自分の体験から思ったのでした。

 なので筋肉をつけたり運動量を増やそう、と単純に思って、それを実行していったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です