現代アートと私

 現代アート。あまりにもいろいろな表現がありすぎて、混乱します。天井に、「Yes」って書いてあるとか、便器が芸術作品であるとか。自分は実のところ学芸員として美術館で働いていたこともあり、そこには現代アートの作品も展示されていたりしたのですが、よくわからないまま退職して今に至ります。多分、私の頭の中には、アートといえばゴッホだったりフェルメールやロダンが存在していて、彼らのような作品…わかりやすく、「絵画」「彫刻」と思えるようなものがアートという定義になっているのでしょう。これもまた私の凝り固まった思い込みで、現代アートの作品は、私のそんな固いところをガクガクと揺さぶってくるのです。

 どういう風に見ればいいのかな。どう感じたら正解なんだろう。そんなことを考えて、きっと正解なんてなくて、自分が受け取った感情なり感想なりが、何にせよOKなんだろう、と思い直します。「なんだこれ、変な作品だな」というのもOKでしょう。

 でもできたら、作者が題名に込めた思いや意味みたいなものも感じたいし、それによって作者と作品を共有したい。

 ということで、自分なりにちょっと現代アートの勉強をしているのです。勉強というと大げさですが、知識を得ようと思ってほんのりやっています。しかしまあ、知れば知るほど何でもありなんじゃないかと。私がここで、「私自身がアートです」と言えば、成立するような気もします。もう既にそういうアーティストがいるんじゃないかと思いますが。

 私も絵を描きます。最近はたまにしか描きませんが、それを趣味にしていた時期もあり、謎の抽象画を描いていました。そこには自分なりの意味があり、絵の具を混ぜただけの絵のようなものにも、解釈があったように思います。けれど、見る人が違う見方をするならば、それもありだなあと思っていました。

 そういうことなのかなあ。

 現代アートの世界は私の脳や心を揺さぶります。そして、新しい風を吹き込ませてくれているように思います。難しいとか分からないとか思いながらも惹かれるのは、そんな風が爽やかで心地よいものだからかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です